嚥下のケア

嚥下のケア

脳に障害を受けた患者様は嚥下機能に障害をきたすことがあります。
今まで食べていた固形の食物でむせてしまう、水分が飲めなくなる、最悪の場合は絶食となり経管栄養や胃婁といった食事に変化していきます。

食べるというのは生理的欲求です。当たり前にできている行為ができないというので、嘆き悲しみ死にたいと言われる患者様をたくさん見てきました。

ある患者様で嚥下ができずトロミを濃く付けたお茶を毎日数口しか摂取できない方がいました。ですがその数口がとても嬉しそうで毎日その瞬間が楽しみでした。
嚥下は訓練すれば改善する可能性があります。そのため毎日嚥下訓練として、嚥下体操やアイスマッサージといった関わりを朝・昼・夜と続けました。

勿論看護は継続がなにより必要なので、私がいない時でもスタッフ全員で同様の関わりを行います。ある日突然急激に改善することは絶対にありません。毎日毎日変化がなくても続けることが重要です。
初めは数口のトロミ茶で十分だと満足していた患者様ですが、私たちの働きかけで自身もやる気をもって下さるようになりました。

毎週スタッフ間でカンファレンスを行い、トロミ茶の濃度を薄くしていくように短期目標を決めて関わり、最終的に常食まで食べれるようになりました。

その時患者様が「生きていてよかった。また食べれるようになったのはあんたのおかげや。ありがとう」と言ってくださいました。その時看護の嬉しさと楽しさを感じることができました。
また麻痺の患者様も多いのが脳外科・内科の特徴です。ある日突然使えていた手や足が使えなくなることはかなりの苦痛です。

今までの仕事を辞める必要が出てきたり、終日介護が必要になることもあります。そんな時、私は入院中にできることが一つでも増えるように関わりを持つことを目標にしています。できたことを一緒に喜んだり、できていない部分をどうすればできるようになるのか考えたり、何か補助具がないかを検討したり、方法はたくさんあります。
そうした関わりも楽しみの一つです。誰かのために専門的な部分で考えたり、知恵を絞ったりして結果が生まれたときはたまらなく嬉しくて楽しいです。

看護は結果がすぐに反映されるものではありません。感謝ばかりされる仕事でもありません。でも日々の継続した看護が結果を生むことを実感できる仕事です。患者様ができなかったことが看護の力でできる結果として現れた時、一番楽しいと感じます。

はじめての混合病棟

はじめての混合病棟

新人時代に初めに行った病棟が混合外科病棟でした。
学生時代にそこの病院の看護部長に好きな病棟が選べると言われて就職したのに、『あなたにはバリバリ働いてもらいたいの!可能性を感じる』と新人の私にそんな期待してくれているのか!!と感動しました。今となればのせられたわけです。何を隠そうこの病棟は師長、主任、専門看護師などなどのハイクラスの集まりで新人は入ったら3ヶ月ともたないと噂されるような病棟でした。

未婚の看護師がほとんどでみんな黙々と喜んで残業をしていました。夜勤の看護師も日勤と交換の時間になってもまだまだ仕事をやり続けるようなそんなバリバリさでした。 Mっけたっぷりの私にはそれがたまらなく楽しかったのです!!無駄な馴れ合いはなく、仕事一筋で出来てなければとことん怒られるけど、出来てたからといって褒められず、毎日のように地獄のような課題を出してくれるプリセプターとともにキラキラした毎日を過ごしました!周りから見たらとっても異様な光景だったようです。新人なのに泣かない、弱音を吐かない、泣かない、休まない、残業しまくってる、休みの日も出勤してる!(←病院施設内の寮に住んでいたのでほぼほぼ病棟にいました。)それでも毎日毎日覚えることは絶えずにいました。他の病棟に配属された同期にはなんでそんな状態で頑張れるの??と変人扱いされていました。

でも、私自身ここの病棟だったから頑張れたと今になって強くおもいます。仕事は厳しいし、休憩も取れない、だけど看護師みんな生き生きしていました。誰1人として仕事に手を抜く人、患者さんを適当に扱う人はいなかったのです。1番最初の夜勤の時、入院していた若い男の子が新人だった私を半分からかうようにちょこちょこ病棟に来ては、『氷かえてよ?』と30分前に取り替えたばかりなのに氷嚢をもってきたりしていました。私はなんでこんな元気な人のために忙しい時間を使わなきゃいけないんだとイライラしていました。

言葉には出さないものの態度にはあらわれており、氷を大きな音を立てながらガラガラガンガンと氷嚢につめて患者さんに渡していました。それをみていた主任がナースステーションの奥まで私を連れて行き『あなた、今すぐ帰って!』と言ったのです。私はとても悔しくなりました。そしてどれだけさっきの患者が迷惑か、業務の邪魔なのかを刻々と説明しました。

『ここの病棟で夜を過ごしているのはさっきの患者さんだけじゃないのわかってる?』と主任に言われましたが、私には主任が私に言わんとしていることがさっぱりわかりませんでした。私が一通り主任に噛み付いた後、主任が『ここにいるのはああやって元気に冷やかしにこれる患者だけじゃない。今だって痛みに耐えながら眠れない夜を過ごしてる患者がいるでしょう。看護師のあなたが休息が大切な患者に害になるような事をしてどうするの??』 と。

その言葉を聞いて初めて私は病棟で涙を流しました。ああ、主任はさっきの患者が冷やかしに来てたことも知ってたんだ、私は私しか見えてなかったんだ。看護やりにきたのに、何をしていたんだろうと。

そんな長い夜勤の後、主任からナイチンゲールの本を渡されました。『この本を読みなさい。あなたの看護の心をもっと強くしていってね。』と。 今でも楽しく看護師を続けられるのはあの時の新人時代があったからです。